​SNSを用いた情報への注意喚起
 祈り雲の印象を低下させる虚偽の情報が、SNSの匿名性を利用して拡散されました。
 ツイッターでは、虚偽の投稿に膨大なリツイートを繰り返すことで、"祈り雲"と検索すると上位にそれらの投稿が並ぶよう、複数の人物で意図的に行われた事が確認されています。
 投稿内容から拡散に関与したと思われる業者までは特定できておりますが、実際の拡散を行った投稿者との関係性を証明できないのがSNSの難しさで、影響と損害は続いておりますが、個人では成す術がありません。
 ツイッター以外では、各運営会社によって投稿の悪質性は確認され、多くは削除の対応がとられましたが、現在でも閲覧者に多少の混乱を起こしています。
 現代では、SNSによる印象操作はビジネスとして当たり前に行われている事なのかもしれません。しかしそれが、"神棚"という分野で行われているのを初めて目の当たりにし、一人の作り手として、また日本人として、とても心の痛む出来事でした。
 作り手としましては、ただ良いものを作る事だけに専念したい想いです。しかし、今回の件に関しましては、何もしないということも最善とはいえず、注意喚起の形で対応させて頂きます。

 尚、拡散された虚偽の情報は、祈り雲が他社のコピー品であり商標権も侵害している、という内容です。
 "祈り雲"は商標登録済みの上で販売を行っており、侵害に当たらない事は明白です。
 デザインに関しましても、他のどの雲形神棚とも違う事は見て頂ければわかるかと思います。
 また、雲形神棚は、昔から多種多様なものが販売されており、特定の個人、団体が権利を有するデザインではありません。
 祈り雲はその「雲形神棚・御札立て」の分野で、より良い品質と素材にこだわり、作者がデザインから制作、販売まで一貫して行うことで、お客様に満足していただけるよう努めております。

 みなさまにおかれましては、上記の情報を目にしても、どうか混乱なさらぬようよろしくお願い申し上げます。


woodworks